闇金以外で即日融資可能な甘い審査のキャッシング

 

審査が甘い闇金の勧誘『ブラックOK』『無審査融資可能』の罠

 

キャッシングを利用しようと思っている方は『審査に通っていち早くお金を受け取りたい』と思っているはずです。

 

最近では、短時間に審査回答が得られ申し込んだその日中に融資が受けられる即日融資ができるキャッシングが人気となっており、金融業者も即日融資をウリとしているところが多いです。

 

金融業者を選ぶ際、『即日融資は可能か』『審査時間はスピーディーか』『金利は低金利のほうが良い』『在籍確認は職場に電話してほしくない』
お金を借りる側としても色々な希望があるかと思います。

 

借りる側の要望を叶えてくれるような甘い言葉が並ぶ金融業者の広告を目にしたことはありませんか?

 

例えば『ブラックの方でも融資します』『審査なしでも即日融資します』『返済日は自由に選べます』などなど、正直願ってもない条件を並べた文句で勧誘しています。

 

正直、全うな金融業者が審査なしで融資をするなんてことはありえません。

 

消費者金融や銀行カードローンの場合、申し込みをしたらしっかりと審査を行い、在籍確認もして、『この人にお金を貸しても返済できるかどうか』と信用情報機関に問い合わせをして過去の金融情報を閲覧し、融資するかしないかを見極めています。

 

審査もしないで貸してくれるなんて神のように感じてしまう方もいるかもしれませんが、
審査をしないで融資をするなんて言葉で勧誘しているのは闇金である可能性が非常に高いです。

 

広告にもお金をかけて、電話対応にはオペレーターを配置し、一見しっかりとした金融業者を装っていても裏で闇金と繋がっている金融業者もあります。

 

適当な審査で闇金から希望額の融資を受けれたとしましょう。
しかし、金利は法外、回収方法は非道なやり方です。

 

返済日が近づくと、他の闇金から甘い言葉で融資を持ちかけられて、多重債務者に簡単になってしまう可能性もあります。

 

お金の問題というのは他人に相談しにくく、『なんとか自分自身で解決したい』と思ってしまいますが、知らぬ間に闇金にハマり泥沼の借金生活になってしまうなんてこともあるのです。

 

広告はその金融業者のウリをアピールする為に注目したいものではありますが、その業者が全うな金融業者であるのかどうかの見極めはあなた自身がしっかりと選ばなければならないのです。

 

『他社からの借り入れ中でも融資可能』という広告を出す金融業者に申し込んだ結果

 

『法外な金利をふっかけられても、融資さえしてくれれば返済日に耳を揃えて返済できるんだ』という方もいるでしょう。

 

ある方は、大手消費者金融で10万円の融資を受け、給料日を待たずして更なる金欠に見舞われました。

 

『あと10万融資を受けれたら生活は乗り切れる』そう思ったものの、他社からの借り入れをすでにしているという事もあって、雑誌に『他社からの借り入れがあっても融資します』という甘い言葉に導かれ、名前も知らない金融会社に電話をし、電話にて融資申し込みをしました。

 

オペレーターは丁寧な言葉使いの女性で、個人情報を全て聞かれ、
『あなたの場合は●●社からすでに10万円の借り入れがあるので、今他の金融業者に申し込んでも審査には通らないでしょう。しかし我が社が紹介する△△社に審査を申し込んでいただければ審査には通りますから』と言われたのです。

 

紹介された△△社は●●社と同じく大手消費者金融。

 

『融資希望額は100万で申し込んでください』とオペレーターに言われ、言われるがまま希望額100万で融資の申し込みをしたのですが、『融資上限は10万になります』と簡単に10万の借り入れに成功しました。

 

『アドバイスを受けたとおり10万の借り入れができた』とオペレーターに伝えると、男性スタッフに電話をかわられ『では4割を手数料としていただきますのでこちらにお振込みください』と言われます。

 

10万円融資を受けたのに、4万円も手数料を振り込めといわれ困惑しましたが、個人情報を全て握られているということで怖くなり手数料を振り込んだ。

 

こういった方法でお金を搾取するのも闇金です。
自社からの融資は一切していないのに手数料のみで利益を得ています。

 

『詐欺じゃないのか』と振込み用紙を警察に持ち込み訴え、口座凍結をしてもすでにお金は引き出され犯人など見つかりません。

 

広告には固定電話番号ではなく携帯電話番号のみしか記載されていないこともあり泣き寝入りするしかありません。

 

10日で1割の金利を回収する闇金のようなドラマやマンガで描かれるような闇金ばかりではありません。

 

闇金以外で審査が甘いと評判のキャッシング業者は?

 

闇金の怖さが少しでも理解できましたか?
借金地獄やお金がないのにお金を騙し取られたりしないために金融業者選びは慎重になりましょう。

 

大手消費者金融と銀行カードローン、どちらの審査が甘いか。
についてネットでは色々な情報が交わされており、中には銀行カードローンのほうが審査が厳しく、消費者金融のほうが審査が甘いなんていう意見を目にします。

 

そういったイメージをお持ちの方もいるかもしれませんが、実際にはどちらもしっかりとした審査を行って融資可能か不可能かを判断していますので、どちらが甘いなんてことはありません。

 

融資して欲しいという場合に
『金利が低いほうがいい』
『即日融資を受けたい』
『返済方法が簡単なほうがいい』
『収入証明なしで申し込みをしたい』
などの希望がありますよね。

 

何を第一条件にして金融業者を選ぶかが業者選びのキモとなります。

 

即日融資を受けたいのに、休日に無人契約機もなく銀行入金しか方法のない金融会社を選んでは即日融資は不可能です。

 

提携銀行口座を持っている顧客向けには365日・24時間入金可能な業者を選べば、夜中であっても休日であっても審査さえ通過すれば融資を受けることができるので大きなメリットとなるでしょう。

 

金利が低いという条件でいえば、消費者金融よりも銀行カードローンのほうが優れているのは事実です。
しかし、最近では消費者金融であっても期間内に完済することで無利息でキャッシングできるなどのキャンペーンを用意しているところもあります。

 

給料日までの短い期間に小額の借り入れをし、給料日に全額返済する予定でのキャッシング利用なら、いくら低金利の銀行カードローンよりも無利息期間を利用した消費者金融のほうがお得ですよね。

 

返済期日を過ぎてしまったり滞納してしまうと、心象を悪くする以外に、遅延金も発生します。
遅延金は利息とはまた別の料金が発生します。

 

コンビニから返済できれば返済日に遅れることがないならコンビニATMから返済できるところを選ぶことで無駄なお金をかけずにキャッシングできます。

 

審査における在籍確認を職場に電話してほしくない

 

キャッシングの事実は他人に話したくないという方がほとんどでしょう。
しかし、キャッシング審査に受かる条件として最も重要なのが
『職に就いて安定した収入を得ていること』となります。

 

つまり仕事をしていない人に融資はしませんよという事です。

 

この条件を満たしているか確認する為にはスタッフがあなたの職場に電話をかけてあなたが本当にその会社に在籍しているかを確認します。

 

ほとんどの金融業者がこの方法で在籍確認を行っており、在籍確認なしでキャッシングできる金融業者はないかと思っている方も多いようです。

 

はっきり言って『在籍確認をせずに融資を受けれる可能性は0』です。

 

しかし、『在籍確認は行うけれど、職場に電話をかける以外の方法で在籍確認を行っている場合もあります』

 

社員証・源泉徴収・給与明細など収入と在籍を証明できる種類を揃えて提出することで電話では在籍確認を行わないという業者も中にはありますのでお勧めです。

 

 

 

 

[参考サイト]

 

誰でも借りれるキャッシングブラックだけどお金を借りたいお金を借りる審査なし一番簡単に痩せる方法※ダイエット・痩身といえばたかの友梨